ママと子供の歯科治療

親御様のちょっとした「意識」がお子様の歯を守ります

親御様のちょっとした「意識」がお子様の歯を守ります

子供のころ、虫歯にかかって泣きながら治療を受けた経験はありませんか? 多くの親御様が、一度は経験してきたことだと思います。もちろん、虫歯になってしまった場合には痛みを乗り越えて治療をしなければなりませんが、親御様がほんの少し意識して生活習慣をかえるだけでも、お子様の虫歯リスクをぐっと下げることはできるのです。

お子様が痛い思いやつらい思いをしなくてすむように、まずは親御様がお口の健康に関する正しい知識を持ちましょう。こちらでは、ママをはじめとする親御様に覚えておいていただきたいお子様の虫歯予防のポイントについてご説明します。

緊急指令~6歳臼歯を守れ!~

緊急指令~6歳臼歯を守れ!~

お子様が6歳前後になると、乳歯から永久歯への生えかわりがはじまります。永久歯の中でもっとも早く生えるのは、一番奥の乳歯のすぐ奥に生える「6歳臼歯」。この歯は生涯にわたって歯ならびと噛み合わせの中心となる、とても重要な歯です。しかし実際には、虫歯によってこの歯を失ってしまうお子様が少なくありません。

6歳臼歯は、確実に虫歯にしてはいけない歯です。町田市・川崎市麻生区から通える鶴川の歯医者「もとやま歯科クリニック」では、この6歳臼歯の虫歯を防ぐため、歯の溝に汚れが入りこまないようあらかじめレジン(歯科用プラスチック)をつめる「シーラント」という処置をおすすめしています。

【6歳臼歯が虫歯にかかる主な原因】
  • 仕上げみがきをやめる方が多い時期に生えるので、親御様が生えたことに気づかない
  • 一番奥に生えるので、お子様では歯ブラシが届かない
  • 再石灰化の効果が十分でなく、大人の歯に比べて歯質が弱い
  • 表面の溝が深いので汚れが入りやすく、取りにくい

お子様の健康を生涯にわたって支えてくれる大切な歯なので、とくに注意が必要です。生えてきたら、みがくのを手伝ってあげましょう。歯質を強化する作用がある唾液の分泌をうながすために、よく噛んで食べることも大切です。

ページの先頭へ戻る

仕上げみがきのポイント

仕上げみがきのポイント

仕上げみがき用の歯ブラシはヘッドが小さなものを選び、毛先を歯面にあてて小刻みに動かします。噛み合わせの面の溝には汚れがたまりやすいので、とくに注意してみがいてください。フッ素入りの歯みがき粉を使うと、歯質の強化が期待できます。歯間ブラシやフロスも合わせて使用すると、さらに効果的です。

きちんとみがけているかを確認するため、できればご家庭でも週に1~2回、染めだし液を使ってチェックしてみましょう。また、週に2~3回は十分にみがけていないところの仕上げみがきを忘れずに。小学校にあがるくらいの年齢になると仕上げみがきをやめてしまう親御様もいらっしゃいますが、当院では、少しずつ頻度を減らしながらも小学校を卒業するくらいまで続けてあげることをおすすめします。

ページの先頭へ戻る

母子感染を防ぐために

母子感染を防ぐために

虫歯は、細菌によるお口の感染症です。生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌が存在しないため、虫歯菌への感染を防ぐことが何よりの予防になります。まずはもっとも身近にいるお父様・お母様がお口の中を清潔に保ち、うつる可能性がある細菌を極力減らす努力をすることが大切です。

ほぼすべての大人の口の中には、虫歯菌がいます。スプーン・フォーク・コップなどの食器を大人と共有することはやめましょう。また、同じお皿のものを口に入れたお箸で取りわけたり、息を吹きかけて食べものを冷ましたりすることにも、感染のリスクがあります。虫歯菌がお口の中に定着しやすいのは3歳くらいまでと言われているので、その時期まではとくに注意してください。

ページの先頭へ戻る

歯ならびの乱れが気になったら

歯ならびの乱れが気になったら

近年は食生活の変化にともない、昔よりも顎の細い(狭い)お子様が増えてきました。生えてくる歯の本数はかわらないため、スペースが狭いと歯が正しくならびきれず、歯ならびが乱れる原因となってしまうのです。

鶴川の歯医者「もとやま歯科クリニック」では、正しい診断ができる矯正歯科の専門医をご紹介しています。歯科医院の中には虫歯がある状態で矯正治療をはじめてしまう医院もあるようですが、虫歯がある状態では口腔内環境の悪化を招いてしまうので、結果的に矯正治療がお子様のためになりません。当院でご紹介するのは信頼のおける矯正専門医ですので、ご安心ください。

また、普段からかたいものをよく噛んで食べることで、顎の状態(成長)が改善することもあります。矯正治療を受けるにしても、顎の正しいスペースは必要です。毎日のちょっとした心がけで、矯正治療が必要なくなる可能性もあります。お子様の歯ならびで気になることがあれば、お早めにご相談ください。

ページの先頭へ戻る

虫歯になりにくい食生活

虫歯になりにくい食生活

虫歯の原因は「虫歯菌」「糖分」「歯質」の3つ。これに時間の経過が加わると、虫歯のリスクが高まります。つまり糖分の摂取量を減らし、食事やおやつの回数を決めてさっと食べれば、虫歯の予防効果が期待できるのです。食後はお茶などですぐにお口の中の酸性を中和することも大切です。

食べものの種類によって、そこに含まれる砂糖の量は大きく変わってきます。おやつの種類を少し工夫してあげるだけで、お子様に満足感を与えながらも虫歯リスクを減らすことは十分に可能です。そのために食べものに含まれる砂糖の量や、虫歯になりやすいおやつの種類を知っておきましょう。

お子様が大好きなおやつに含まれる砂糖の量
チョコレート1枚
75g中32g
チョコレート1枚
カステラ1切れ
50g中24g
カステラ1切れ
シュークリーム1コ
60g中7.2g
シュークリーム11コ
バウムクーヘン1コ
50g中13g
バウムクーヘン1コ
ヨーグルト1コ
120g中16g
ヨーグルト1コ
アイスクリーム1コ
120ml中24g
アイスクリーム1コ
スポーツドリンク
100ml中6.4g
スポーツドリンク
炭酸飲料
100ml中11.2g
炭酸飲料
虫歯になりにくいおやつ

【糖分が少ないおやつ】
虫歯の原因となる酸が生成されにくいおやつです。

おむすび
おむすび
サンドイッチ
サンドイッチ
枝豆
枝豆

【よく噛むおやつ】
歯を丈夫にする唾液の分泌と顎の正しい発達をうながします。

スルメ
スルメ
硬いグミキャンディ
硬いグミキャンディ
リンゴ
リンゴ

【カルシウムが豊富なおやつ】
不足しがちなカルシウムを摂取することで、歯質や骨の強化も期待できます。

牛乳
牛乳
チーズ
チーズ
小魚
小魚

【歯につきにくいおやつ】
お口の中にとどまる時間が短いため、虫歯の原因になりにくい食べものです。

ゼリー
ゼリー
プリン
プリン

ページの先頭へ戻る

お子様の健やかな成長のために もとやま歯科クリニックの小児歯科はこちら