歯を失ってしまった(入れ歯・ブリッジ)

失った歯の機能は、入れ歯やブリッジで取りもどしましょう

失った歯の機能は、入れ歯やブリッジで取りもどしましょう

食べ物をこまかく噛み砕いたり、正しい発音を助けたり、全身のバランスを整えたりと、たくさんの重要な役割を担う「歯」。しかし虫歯や歯周病、事故などによって、人はときに歯を失ってしまうことがあります。そうなった場合には、放置せずにすぐ歯科医院を受診しましょう。

「どうせ見えないし」などと放っておいてしまう方もいますが、そのままだと周囲の歯が空いたスペースに倒れてしまったり噛み合った歯が伸びてきてしまったりして、噛み合わせの乱れから歯を失うリスクが高まります。歯を失うと見た目だけでなく、しっかり噛めなくなる、正しい発音ができなくなる、頭痛・肩こり・めまいなどが出やすくなるといった問題を招く恐れがあるので、要注意。残っている歯を守るためにも、早めの適切な処置が必要です。

入れ歯・ブリッジ・インプラントを比較しよう

  【入れ歯】
【入れ歯】
【ブリッジ】
【ブリッジ】
【インプラント】
【インプラント】
特徴 取り外せる義歯を製作し、装着する治療法です。部分入れ歯と総入れ歯があります。 失った歯の両脇の歯を削り、それを支えにして人工歯を装着・固定する治療法です。 チタン製の人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋めこみ、そこに人工歯を被せる治療法です。
メリット
  • 取り外せるのでメインテナンスがかんたん
  • 両側の健康な歯を削らなくてよい
  • 保険適用できるものもある
  • 違和感や痛みが少ない
  • 材質によっては審美性が高いものも選べる
  • 食べものを噛みやすい
  • 保険適用できるものもある
  • 天然歯に近い自然な見た目が手に入る
  • 健康な歯を削らなくてよい
  • 周囲の歯に負担をかけない
  • 噛む力が高まる
デメリット
  • 違和感が出ることがある
  • 噛む力が天然歯に比べて大幅に劣る
  • 発音しづらい場合もある
  • 保険適用の部分入れ歯はバネが見えるため、審美性に劣る
  • 健康な歯を削らなくてはいけない
  • 噛む力で両側の歯に負担がかかり、折れたり歯周病にかかったりするリスクがある
  • 適用できないケースがある
  • 外科的手術が必要
  • 骨の量が足らない、糖尿病など、受けられない場合もある
  • 保険が適用されない

入れ歯・ブリッジ・インプラントを比較しよう

町田市・川崎市麻生区から通える鶴川の歯医者「もとやま歯科クリニック」では、入れ歯治療とブリッジ治療に対応しています。どちらの治療をご検討中の患者様にも丁寧にメリットとデメリットをご説明いたしますので、どちらもしっかり把握して、「納得の治療」につなげましょう。

ページの先頭へ戻る

入れ歯

金属床義歯

金属床義歯

土台となる床部分を、金属でつくった入れ歯です。金属は丈夫なので薄くつくることができ、違和感が少ないのが特徴です。温度が伝わりやすいため、あたたかい食事や冷たい食事を、おいしくいただけます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

特殊な樹脂で固定することで、金属のバネ(クラスプ)を使わずにつくった部分入れ歯です。保険の入れ歯はバネが目立つため、とくに女性の方は見た目を気にされる方が多くいらっしゃいます。樹脂の色が歯ぐきの色に近いため、目立ちにくくなっています。

レジン床義歯(保険の入れ歯)

レジン床義歯(保険の入れ歯)

レジン(歯科用プラスチック)でつくる、一般的な入れ歯です。使用する材料や形が限られます。床部分に厚みがあるため違和感が出やすく、食べものの温度があまり伝わりません。保険が適用されるため、費用負担が少ないのがメリットです。

ページの先頭へ戻る

ブリッジ

ブリッジ

ブリッジは失った歯の両側の歯を削り、支えにして連なった人工歯を固定する治療法です。保険の適用を受けることもでき、入れ歯に比べると食べものを噛みやすく、天然歯に近い見た目が手に入ります。

ブリッジで保険適用を受ける場合、前から3番目の歯までしか、白い材料を使うことができません。それよりうしろの歯(前から4番目以降の歯)は、金属を使う必要があります。「見た目も美しく整えたい」という方には、うしろの歯も含めて白い材料でおつくりすることができますので、ご相談ください。ただしその場合、保険の適用は受けられません。

保険のブリッジ セラミックのブリッジ
保険のブリッジ セラミックのブリッジ

ページの先頭へ戻る

いつまでも健康な歯でいたいから もとやま歯科クリニックの予防歯科はこちら