子供の歯を守りたい(小児歯科)

お子様の健やかな成長を支える小児歯科

お子様の健やかな成長を支える小児歯科

お子様の乳歯は、「永久歯が生えるまでの単なる一時的な歯」ではありません。成長期のお子様が十分な栄養をとれるように食べ物を噛みくだく、後から生えてくる永久歯を正しい位置に導いて歯ならびの基礎をつくるなど、大切な役割を担っています。

ただし、お子様が虫歯から自分の歯を守ることはできません。お子様の健やかな成長の基礎となる乳歯は、親御様がしっかりと守ってあげましょう。

乳歯の虫歯は早く進むってホント?

乳歯の虫歯は早く進むってホント?

エナメル質の表面にできたごく初期の虫歯は、一般的なイメージ(黒)と違って白くにごった状態。症状がほとんどないので、歯の専門家でなければなかなか気づくことができません。また、知覚がまだ発達途上なことから、お子様自身が痛みを感じにくい(「痛い」のかどうかを判断できない)ということもあります。

しかも乳歯は永久歯に比べると歯質がやわらかく、エナメル質が薄いため、虫歯が進行しやすいという特徴があります。虫歯が神経まで到達すると、根の先に膿がたまってしまい、永久歯が変色したり歯ならびが悪化したりする原因になることも。乳歯が虫歯だと次に生えてくる永久歯に虫歯がうつってしまうケースも少なくないので、「じきに生え替わる乳歯だから……」と考えず、定期検診で早期発見・早期治療に努めましょう。

ページの先頭へ戻る

小児歯科の予防メニュー

乳歯が虫歯にかかると、すぐに進行してしまいます。そのため、虫歯にかかる前の予防が大切です。ご自宅でのケアに加え、歯科医院での予防処置を活用しましょう。町田市・川崎市麻生区から通える鶴川の歯医者「もとやま歯科クリニック」では、以下のような予防メニューをご用意しております。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯の表面に塗布したフッ素は再石灰化の際に歯に取りこまれ、歯質を強くしてくれます。虫歯菌の出す酸に溶かされにくい歯にするため、定期的に処置を受けましょう。

シーラント

シーラント

奥歯の溝は複雑なため、一度汚れが入りこむとなかなか取れません。シーラントは汚れがその溝に入りこまないよう、事前にレジン(歯科用プラスチック)で溝を埋める処置。毎日の食事などで徐々に取れていくため、やはり定期的な処置がおすすめです。

歯みがき指導

歯みがき指導

当院では、お子様の歯みがき指導も行っております。染めだし液を使い、鏡で残った汚れを確認してもらうので、みがけていない場所がよくわかります。間違った独自の方法を続けている方は案外多いので、「仕上げみがきに自信がない」などというお父様・お母様もご相談ください。

ページの先頭へ戻る

「歯医者さんが好き!」になってもらうために

「歯医者さんが好き!」になってもらうために

「もとやま歯科クリニック」では、お子様や小さなお子様連れの親御様にも安心してご来院いただくために、キッズスペースを完備しております。また、治療を終えたお子様のため、ささやかなプレゼントがつまったガチャガチャもご用意。ごほうびによってお子様はがんばることができ、それが次の治療につながります。

生涯にわたってお口の健康を守るために、歯科医院によいイメージを持ってもらうことはとても大切です。歯医者に対する苦手意識をつくらないよう、当院ではお子様もひとりの患者様であると認識し、「笑顔」と「丁寧な説明」に努めた接し方を徹底しています。お子様の歯科治療でお悩みの方は、一度ご相談ください。

お子様にも親御様にも「親身でありたい」

お子様にも親御様にも「親身でありたい」

地域の皆様に対して常に「親身でありたい」という考えから、当院では小学校にあがる前のお子様や小学校低学年のお子様に対しても治療することの意味についてしっかり説明をしています。お子様を甘やかしすぎる親御様には、虫歯になることの怖さも含めて注意をすることもありますが、それもまた、「親身でありたい」気持ちの表れです。子供の歯科診療は一生の健康を左右するものだと親御様に認識していただくことも、私たちの役目だと考えています。

ページの先頭へ戻る

お子様が虫歯にならないための生活習慣 お母さんと子供歯科治療はこちら