年代別の歯のリスク~家族の歯を守ろう~

年代に合わせた、正しい理解と効率的なケアを

年代に合わせた、正しい理解と効率的なケアを

お口の中の健康リスクは、年齢・年代によって徐々に移りかわっていきます。その年代に合ったケアをすることでそれらのリスクを効率的に防ぐことができ、「歯を失う」といった深刻なトラブルを未然に回避できます。リスクを正しく理解し、正しいケアを行うことで、大切な家族の歯を守りましょう。

年代別 よく起こるお口のトラブルと解決法

  • 乳児期
  • 幼少期
  • 学童期
  • 青年期
  • 成人期
  • 高齢期
乳児期

乳児期

通常、生後6か月前後で乳歯が生えはじめます。生えたばかりでまだやわらかい乳歯は、実は虫歯菌の大好物。離乳食を食べたあとは麦茶や湯冷ましでお口の中をきれいにし、指に巻いたガーゼでやさしく汚れを落としてあげましょう。お口の中に指を入れることに抵抗がなくなってきたら、歯ブラシにもちょっとずつ慣れさせます。

虫歯は細菌による感染症。大人から虫歯菌がうつらないよう、食器などを最初からきちんとわけてあげることも大切です。

幼少期

幼少期

上手にお口をゆすげるようになったら、歯みがきを自分でする習慣をつけてあげましょう。ただし自分ではまだ上手に汚れが取れないため、仕上げみがきは必要です。強くみがくと痛がっていやがることが多く、かえって汚れも取れにくくなるので、優しくみがいてあげましょう。

歌をうたったりお人形の歯みがきをさせたりするなどして、ちょっとずつ興味を持たせましょう。フッ素配合の歯みがきを使うことで、歯質を強化できます。歯科医院での定期的なフッ素塗布もおすすめです。

学童期

学童期

6歳前後になると、乳歯から永久歯への生えかわりがはじまります。とくに最初に生える永久歯である「6歳臼歯」は、噛み合わせの中心となる大変重要な歯。乳歯のもっとも奥に生えるので気づきにくく、しかも虫歯になりやすいため、注意して仕上げみがきを続けてあげましょう。6歳臼歯の溝をあらかじめレジン(歯科用プラスチック)でおおう、「シーラント」という処置も予防には効果的です。

生えかわりの間は歯の大きさがまちまちでケアがむずかしく、お口に汚れがたまりやすい時期でもあります。デンタルフロスなども使いながら、虫歯を防ぎましょう。

青年期

青年期

歯科検診を受ける機会が少なくなるため、虫歯などのトラブルを放置してしまうケースが増えがちな時期です。最近では若くして歯周病にかかってしまう中学生・高校生も増えているので、注意しましょう。正しいケアを身につけるためにも、またトラブルを早期発見するためにも、歯科医院での定期検診も積極的にご活用ください。

成人期

成人期

仕事や家事、育児に追われて、つい毎日のケアをおろそかにしたり、お口の中のトラブルを放置したりしてしまいがちです。タバコや不規則な食生活・生活習慣などは、虫歯や歯周病の原因となるので注意しましょう。

また、妊娠中はホルモンやつわりの関係で、お口の中のトラブルが起きやすい口腔内環境になります。妊婦の方が歯周病にかかると早産や低体重児出産の原因となることもあるため、できれば妊娠前に歯科医院を受診しましょう。また、妊娠中も安定期を選んで受診することをおすすめします。

高齢期

高齢期

歯周病にかかる人の割合が非常に高くなりますが、この病気は歯を失う原因となるだけでなく、糖尿病や心疾患など全身に悪影響をおよぼすことがわかっています。「痛くないから」と放置せず、早めに歯科医院を受診しましょう。

虫歯や歯周病、外傷などで歯を失い、入れ歯を使う人の割合も増えてきます。合わない入れ歯を無理して使い続けると、食べ物を噛み砕くことがうまくできず、消化器官に負担をかけます。全身のバランスを崩す原因になることもあるので、ガマンせずにご相談ください。

ページの先頭へ戻る

お口の異変を放置すると……

お口の異変を放置すると……

お口の中のトラブルに気づいても、「忙しいから……」「まだそんなに痛くないし……」と放置してしまう人がいます。しかし、それはとても残念な行為。虫歯や歯周病は、進行すればするほど治療回数、治療にかかる費用、治療時の痛みがどんどん増えていきます。初期の段階であれば、かんたんな治療・痛みの少ない治療ですますことができるのです。

虫歯も歯周病も、細菌による感染症です。もしあなたがこれらの原因菌をたくさん持っていて、自分の子供に感染させてしまったら……もうお子様は、一生その菌とつき合っていかなくてはなりません。一度お口の中に菌が定着してしまうと完全に除去することは難しく、これらの病気は進行すると歯を失うことにつながりかねないので、大切な家族を守るためにも、自分の歯で食べる幸せを守るためにも、早めに歯科医院を受診しましょう。

ページの先頭へ戻る

定期検診のメリット

定期検診のメリット

虫歯や歯周病の治療が終わったあとも、定期検診を受ける習慣をつけましょう。健やかな口腔内環境を長く保つことができます。検診を受けていれば、もし病気が再発しても早期発見・早期治療できるため、将来的に治療にかかる時間や費用といった負担の軽減も可能。しかも歯をあまり削らなくてすむので、高齢になったときにより多く自分の歯を残すことにつながります。

もとやま歯科クリニックの定期検診メニュー

鶴川の歯医者「もとやま歯科クリニック」では、お口のトラブルを未然に防ぐための予防歯科に力を入れております。定期検診では虫歯や歯周病のチェックに加え、以下のような処置も受けることができます。

歯みがき指導 歯みがき指導
お口の中の状態は、歯ならびなどによって一人ひとりで異なります。当院ではより効率的に歯垢を取りのぞけるよう、それぞれの患者様に合わせた歯みがき方法を指導します。
PMTC PMTC
PMTCは、専用の機械で行う歯のクリーニングのこと。歯みがきでは落としきれない歯垢や歯石をきれいに除去することで虫歯や歯周病が予防でき、すっきりとした爽快感も得られます。

ページの先頭へ戻る

いつまでも健康な歯でいたいからもとやま歯科クリニックの予防歯科はこちら