歯を白くしたい(ホワイトニング・審美歯科)

歯の黄ばみ、「ホワイトニング」でなかったことに

歯の黄ばみ、「ホワイトニング」でなかったことに

私たちは「歯は白いもの」だと思っていますが、本当にそうでしょうか? 赤ちゃんの生えたばかりの歯は、確かに真っ白です。しかし、食べ物や飲み物、タバコ、乾燥、加齢、歯のみがき過ぎなどといったたくさんの要因が重なり、白かった歯はやがて黄ばんでしまいます。

黄ばんだ歯をもとの白い歯に戻すための方法に、「ホワイトニング」があります。黄ばんだ歯をそのままにしていても、もとの白く輝く見た目に戻すことはできません。歯の黄ばみが気になる方、白い歯にあこがれがある方は、町田市・川崎市麻生区から通える鶴川の歯医者「もとやま歯科クリニック」にご相談ください。私たちと、白く美しい歯を取り戻しましょう。

鶴川の歯医者「もとやま歯科クリニック」では
審美歯科治療も行っています

ホワイトニングって何?

ホワイトニングって何?

ホワイトニングは特殊な薬剤(ホワイトニング剤)を用いて、歯を削らずに白くする処置のことです。表面の色素だけでなく、内部にある色素も分解し、歯そのものを白くすることができます。効果には個人差があり、もともとの歯の色が濃い方など、効果が出にくいケースも。また、コーヒーや紅茶、タバコなど、着色の原因となりやすい飲食物を習慣的に口にする方は、歯の白さが失われやすいため注意が必要です。

鶴川の歯医者「もとやま歯科クリニック」では、シェードアップナビによるシェードテイキング(歯の色の測定)を無料で行っております。治療前と治療後の状態を比較することでより効果が実感できますので、お気軽におたずねください。

ホワイトニングはこんな方におすすめ!

ホワイトニングはこんな方におすすめ!

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」の2種類があります。それぞれのメリットとデメリットを比較し、ご自分に合った方法を選びましょう。当院では、より確実性の高いホームホワイトニングをおすすめしています。

ページの先頭へ戻る

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ご自宅で行っていただくホワイトニングです。専用のマウスピースをつくり、そこに薬剤を入れて歯に一定時間装着することで歯を白くしていきます。

メリット デメリット
自分のペースで好きなときに行うことができます。また、白さが持続しやすいこと、前歯以外も白くできることも特長です。 オフィスホワイトニングに比べて、効果が出るまでに時間がかかります。また、自分で施術しなければならないので面倒に感じる人も。

【オフィスホワイトニングが1回無料に】

ページの先頭へ戻る

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯科医院で歯科医師や歯科衛生士が行うホワイトニングです。薬剤を塗った歯に特殊な光をあてることで、歯を白くしていきます。

メリット デメリット
「ホーム」よりも即効性があり、回数を重ねると白さが増します。また、自分で準備などをしなくてよいのでより気軽に受けられます。 「ホーム」に比べて白さが失われるのが比較的早いのが欠点。また刺激が強いので、まれに知覚過敏の症状が出ることもあります。

ページの先頭へ戻る

ホワイトニングの流れ

ホームホワイトニングの流れ

オフィスホワイトニングの流れ

ホームホワイトニング
型取り
薬剤を入れるマウスピースを製作するため、型を取ります。
マウスピースのセット
製作したマウスピースをセットし、問題がないか確認。歯面を清掃し、歯の色をシェードテイキングで測定します。
ホームホワイトニング
完成したマウスピースを用い、ご自宅でお好きなときに施術を行ってください。手順は丁寧にご説明いたします。
シェードテイキング
施術をはじめて1週間後に、状況を確認します。また、シェードテイキングを行って効果を確かめ、同時に歯面のクリーニングも行います
オフィスホワイトニング
ホームホワイトニングをされた方には、1回無料でオフィスホワイトニングをお受けいただけます。
シェードテイキング
ホームホワイトニング開始2週間後にも、状況のご確認とシェードテイキング、歯面清掃を行います。

※まれに知覚過敏の症状や歯肉の痛みが起こる場合があります
※シェードテイキングは無料で行います

ページの先頭へ戻る

オフィスホワイトニングの流れ
口腔内検査
事前にお口の中に異常がないか検査で確認します。
歯面清掃
全額歯石除去(クリーニング)を行います。
シェードテイキング
現在の歯の色を確認します。
ホワイトニング
13分の処置を、2回にわたって行います。
シェードテイキング
施術後の歯の色を確認します。

※まれに知覚過敏の症状や歯肉の痛みが起こる場合があります
※オフィスホワイトニングのみの方は、色が戻らないよう、3~4ヵ月ごとのご来院をおすすめします

ページの先頭へ戻る

気になる銀歯は、「審美歯科」で白く美しく

気になる銀歯は、「審美歯科」で白く美しく

「審美歯科治療」とは、歯の機能と美しさの回復を同時に図る治療のことです。「審美歯科は見た目にこだわる治療」だと思われている方もいますが、それだけではありません。歯には発音や咀嚼(そしゃく)といった、重要な役割がたくさんあります。町田市・川崎市麻生区から通える鶴川の歯医者「もとやま歯科クリニック」では、歯が本来の役割を果たせるようにすることを第一に、美しさにもこだわった治療をすすめていきます。

審美歯科の目的

審美歯科の目的

「銀歯が気になって、思いきり笑えない」「会話や人前での食事がおっくうになった」というお悩みはありませんか? 審美歯科なら、天然歯とかわらない見た目で、機能性の高い詰め物や被せ物をつくることができます。

自信に満ちた笑顔は、あなたのQOL(クオリティ・オブ・ライフ=人生の質)を高めてくれるはず。歯を見せたくなると自然に口角が上がり、笑顔がより自然で美しくなります。「見せたくなる歯」は大事にしたくなるため、虫歯や歯周病の予防意識を高めることにもつながるでしょう。私たちと一緒に、審美歯科で白く、美しく、健康的な口もとを手に入れませんか?

当院の審美歯科メニュー

審美歯科では次のような素材を用い、詰め物や被せ物を製作します。保険適用の銀歯を入れかえることもできるので、銀歯が気になっている方は一度ご相談ください。

素材ごとの被せ物の種類
被せ物 特徴とメリット / デメリット
【ナノジルコニア】
【ナノジルコニア】

金属を一切用いず、ジルコニアというオールセラミック素材を用いた被せ物です。

【メリット】
  • 天然歯に近い見た目で審美性が非常に高い
  • 金属アレルギーのリスクがない
  • 歯肉の変色や退縮も起こらない
  • 強度がある
【デメリット】
  • 歯を削る量が多い
  • 天然歯より硬度が高く、噛み合う歯を傷つける可能性がある
  • 比較的高価
【メタルボンド】
【メタルボンド】

金属のフレームにセラミック(陶器)素材を焼きつけた被せ物です。

【メリット】
  • 銀歯よりも審美性が高い
  • 強度があり、奥歯にも使用できる
  • 変色しない
  • ナノジルコニアよりも安価で治療できる
【デメリット】
  • ナノジルコニアに比べると若干審美性が劣る
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • 歯肉の変色などが起こる可能性もある
【ハイブリッドセラミック】
【ハイブリッドセラミック】

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を混ぜてつくった素材の被せ物です。

【メリット】
  • 天然歯に近い美しさがある
  • 硬すぎないので噛み合う歯を傷つけにくい
【デメリット】
  • ナノジルコニアに比べると若干審美性が劣る
  • 経年劣化により、変色が起こりやすい
【セルコンZ冠】
【セルコンZ冠】

特殊ジルコニア素材と先端デジタル技術により生まれた、からだにやさしい、低価格のかぶせ物です。

【メリット】
  • 従来のジルコニアより光透過性、15%アップ
  • 噛み合わせする歯への影響が少ない
  • 先端コンピューター技術による3次元設計のため低価格である
【デメリット】
  • 自然の色が出しにくい

ページの先頭へ戻る

コアの比較

被せ物は虫歯の治療などで削った歯をおおうように装着しますが、削った部分が大きい場合など、そのままでは残った歯が被せ物を支えきれない場合があります。そんなときは人工の土台(=コア)をさしこみ、被せ物を支えます。

被せ物は入れかえることができますが、コアは一度装着すると基本的にはずすことができません。当院では強度が高いオールセラミックの被せ物をする場合、歯根を傷つける可能性が低いファイバーコアをとくにおすすめしています。歯を支える非常に重要なものなので、素材も慎重に選びましょう。

【ファイバーコア】
【ファイバーコア】
【メタルコア】
【メタルコア】
【レジンコア】
【レジンコア】
特徴 細いグラスファイバーの繊維を樹脂でかためてつくったコアです。 金属でつくったコアです。保険診療です。 レジン(歯科用プラスチック)でつくったコアです。保険診療です。
メリット
  • 天然歯と同様の透明感がある
  • 仕上がりがきれい
  • 適度な弾力性があるので、丈夫なうえに歯根を傷つけない
  • 金属アレルギーの心配もない
  • 保険の適用が受けられる
  • 硬くて丈夫
  • 製作手順が単純で、術者の技量の影響などを受けにくい
  • 保険の適用が受けられる
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 歯を多く削らなくてよい
  • メタルコアより歯を傷つける可能性が低い
  • 歯の透明感をあまり損ねない
デメリット
  • 保険の適用が受けられないため費用が高額
  • 術者の技量や環境の影響を受けやすい
  • 強い力が加わると折れたり、歯根が割れたりする可能性がある
  • 金属アレルギーの心配がある
  • 歯の透明感を損なう
  • 再治療が難しい
  • プラスチックなので強度が劣る
  • ファイバーコアに比べると弾力性が低い
  • 術者の技量や環境の影響を受けやすい

ページの先頭へ戻る

いつまでも健康な歯でいたいから もとやま歯科クリニックの予防歯科はこちら